« septiembre 2004 | Inicio

2004.10.05

カリブの風はなぜぬるい?

lukewarm.JPG
今、任期を終え、カリブから吹いてくる風すら原色に見える町、ラ・セイバを離れようとしています。たった1年。でも、その間に色んな人に「アディオス」を言われ、「アディオス」を言い・・・。とうとう、全ての人に「アディオス」の時が来ました。
最後のページは「ホンジュラスって・・・。」で始めたいところですが、私はラ・セイバでの生活しか知りません。ですから・・・。
ラ・セイバってやっぱり貧乏です。排水が悪く、ちょっと雨が降ろうものならすぐに水浸しになっちゃうし、道は町の中心部でも未舗装の所があるし、市のサッカー場も体育館もボロボロだし、中央公園も全然メインテナンスがなっていないし、例をあげればきりがない。まぁ、ホンジュラス全体対外債務の莫大ある国ですから、仕方ないですね。
でも、みんな何でこんなに幸せそうなんだろう?楽しそうなんだろう?
きっとそんなに遠くを見ていないからでしょう。お金に関して言えば、ない時には、「ず~っとこの状態が続くんじゃないだろうか?」ある時には、「このお金はいつかなくなるんじゃないだろうか?」って、遠くを見すぎて不安ばかりを感じている極東の同胞とは、この辺りが大きな違いですね。
オフィスで打ち合わせをしていても、スケジュールの話になるとあまり日付で話をしません。ほとんど曜日です。「じゃ次、いつ会う?」「7日にしよう。」じゃなく、「木曜日にしよう。」一週間のスパンですよね、考え方が。言う人は言うでしょう。「だから、ダメなんだよ。」って。「もっと長いスパンで物事を考えなきゃ。」って。きっとそれは正解でしょう。他にももっともっと多くの正解をこの町の人達は見落としているでしょう。
でもね、その正解ばかりを探してきたのが、今の日本じゃないでしょうか?正解以外を排除してきたのが、今の日本じゃないでしょうか?その結果は言うまでもありません。常に自分は正解かどうかを確認しなきゃいけなくなった。確認できるまで不安で仕方なくなった。当然、自分の考える正解と他人が考える正解が違う時だってある。でも他人の正解が多数の場合、ジワリと自分を壊さなければいけない社会を作ってしまった。経済の成功と引き換えに、間違いだけど心地よい「ぬるい風」が吹く環境を失ってしまった。
誤解しないで欲しいのは、決して私と一緒に働いたスタッフ達はみんな怠け者ではなかった。うまく表現できないけれど、彼らは誰一人頑張ってはいなかった。でも一人残らず一所懸命生きていた。スタッフに限らず、私の周りの人達はみんなそうでした。
私は私の持っている知識・経験・技術をラ・セイバに渡しに来た。でも、渡した物より受け取った物の方が絶対多かった。それは「何ができるか」を考えることであり、心の底からの「喜怒哀楽」であり、他の人に言いたくてたまらなくなるほどの「達成感」であり・・・。
次の私の役目は、今得たラ・セイバでの経験を日本に渡せるかどうかでしょう。
乾季と雨季はありますが、カリブ海に面したラ・セイバは常夏の町です。一年中「カリブのぬるい風」が吹いています。でも今、私の中で夏の終わりを感じています。
HIDE(「カリブのぬるい風」はこれでおしまいです。もう更新されることはありません。)

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

2004.10.02

相棒 (レリーフバージョン)

着任して初日はあいさつ程度で一日が終るものと思っていました。ところが彼女は早速「電話取ってね。」って。スペイン語ももどかしいこの日本人に。
仕事が終って最初に夕食を共にした時は、まぁテキーラを飲むこと、飲むこと。挙句の果てに「車でアパートに送ってあげる。」って言うから乗ったら、道に迷うこと、迷うこと。
初めて彼女の家で昼食に誘われた時は「出来たよ。」って呼ばれ、ダイニング・ルームへ行こうとすると、「そっちじゃない。」家の奥へ奥へ通されるもんでドキドキしたら、ただ単にテレビのある部屋へ行ってドラマを見ながら食べるって言うだけの話でした。
髪を切って、色もブロンドに染めて出勤した時、「かわいい。」って一言お世辞を言ったばかりにみんなに「かわいいって言ったよねぇ。」って言いふらすし。
とある偉いさんとケンカして「もうここでは働かない。」ってオフィスを飛び出し、しばらく欠勤したこともあります。その間、ヒゲを剃らずにいました。オフィスに帰って来た時「どうしたの?」って聞くから「●●さんへの抗議とあなたへ帰って来いのメッセージ。」って答えたら「帰って来たから明日は剃って来てね。」ってあっさり一言。
夫が亡くなってしばらく仕事を休み、復帰した日、強引に理由をつけ車でアパートまで送ってもらって、降り際「あなたは一人じゃないよ。」って言ってあげた時の笑顔。
家族がラ・セイバに遊びに来た時、何も考えず息子(当時5歳)にキスしちゃいました。息子がびっくりして彼女になつかなくなったら、ずっと「どうして?」って思っていたみたいです。
突如、言葉のナイフを投げてくる時もありました。それでこっちが気分を損ねていても、自分が犯した罪を反省するどころか、不機嫌な表情をしていることすら全く気付かず、いつもと同じように接してくる。無神経なのかどうなのか。文句を言う気持ちすら奪われてしまいます。その割にケンカはオフィスの名物でしたが。
2年間勉強したけど身に付かなかったから英語は嫌いって、スペイン語とイタリア語しか喋りません。でも、確信があります。「彼女は英語を喋られないんじゃない。喋りたくなかっただけ。」お陰で私のスペイン語は思ったより上達したと思います。
ただ、彼女の仕事には頭が下がります。魔法が使えるのなら彼女を日本に連れ帰り、日本で働く姿を見てみたい。あるいは白紙の小切手を渡して「ラ・セイバを好きに変えてごらん。」って言ってみたい。彼女なら絶対うまくやるだろうな。
訳の分からないままラ・セイバに来て仕事を始めて「相棒」が彼女だったことは、HIDEの人生において最大の幸運のうちの一つだと断言できます。
HIDEのホームページに初めて個人のことを書いています。もちろん彼女の許可は取りました。ただ条件を一つ付けられました。次の文を必ず入れること。「恋人募集中。ただし金持ちに限る。」書いたよ。でもあんた、男にフラれたこと、ないだろう?
そんな短気で勝気で自意識過剰で、でも淋しがり屋の彼女との仕事も間もなく終り、私はラ・セイバを離れます。もう、彼女との思い出は増えることがないんだなぁ。
HIDE
aibo2.jpg

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

2004.10.01

COLLEAGUE (Painting Version)

aibo.jpg
At the first time I was introduced her at the office, I thought that all I had to do was greeting. However, she ordered me to attend phone-calls although she knew that it was hardly to understand Spanish well for me...My God.
One night we took off for some beer together after job. I was surprised at seeing her drink and drink several glasses of tequila at that time. Finally `I'm bringin' you to your house by my pickup.' said she. On the way back, she lost and lost our way...Gee.
She invited me to her house one day. When she called me, I stood up from the sofa and walked to the direction of her voice. Then she said `Not there.' and took me to the rear of the house so I was flustered. But after following her, we arrived at nowhere but a room with TV to watch her favorite soap opera and to have lunch...That is how it goes.
As she had cut her hair, and changed its color to blond, I made a great mistake that I said `How cute you're!' as a flattery. She spread it all of the people around her...Sigh.
She had not worked several days. She spit out the words `I ain't gonna work here any more.' and left the office after she had gotten quarrel with her manager. During her absent days, I had never shaved. When she turned back the office, she asked me `What's wrong?' after she gave me a hug. I answered `A message, how wish you were here.' Then she stated flat out that `Well, I'm here. Shave 'em as a favor.' ...I am all broken up.
When we faced off after her husband's funeral, she tried to fake a smile and murmured me `From now on, I'm alone. I can get a new sweetheart, can't I?' ...Go ahead.
She had never used English but Spanish or Italian. `I'd studied English for two years in the U.S. but I couldn't dominate it at all.' explained she. (These dialogues between us were spoken in Spanish actually.) However, she must be able to speak English...I bet.
We often used to get spats together. I have to appreciate her to teach me Spanish conversation through them more than that I have ever thought...Thanks.
Say, I respect her work and herself. It will not be easy to chance to meet her again in future. But whenever and wherever I should encounter her, even in the 23rd century on the other planet, I could recognize her success...I believe.
Lady Luck was sure with me as I could meet her, work with her, and laugh with her in La Ceiba where I had gotten to without any knowledge. OR SHE MAY BE VERY LADY LUCK.
When I asked her to permit to write about her on this page of mine, she gave me one condition, Including following sentence. `She is looking for a new steady. If you think you are well off and young, please write your name on this page.' ...Hey! Got me?
Time passes all too quickly. I have to finish my mission with her, who is short-minded, courageous, and presumptuous but pampered, and to leave La Ceiba soon. Memories made with her will never increase any more...

| | Comentarios (0) | TrackBack (0)

« septiembre 2004 | Inicio