« イースト・ハーバー対ウエスト・エンド10番勝負 | Inicio | WHAT I CAN DO. LO QUE PUEDO HACER. ワタシニデキルコト。 »

2004.09.21

ラ・セイバ

laceiba.JPG
カリブ海に面したラ・セイバでの活動も、ゴールが見えてきました。それに伴い、このページもどうやら幕を引かなきゃいけない時期が近づいているようです。
そろそろ、ラ・セイバへの道案内だけはしておかないと、存在価値を問われます。
まず、一般的なラ・セイバへの航空状況。最も乗り換えが少なく、煩わしくないのは、コンチネンタル航空。成田~ヒューストン~テグシガルパ(またはサン・ペドロ・スーラ)。そこから国内線に乗り換えてラ・セイバ。料金はシーズンにもよりますが、国際線部分は$1,300~$2,000ぐらいじゃないかな。その他、アメリカ国内で2-3回の乗り換えを苦としないなら、$1,000少々のものも探せばあります。
ラ・セイバの空港は現在拡張工事中ですが、かくれんぼうをするのも難しい、簡単この上ない空港です。荷物を取って建物の外に出るとタクシー屋が寄って来ます。到着したばかりで荷物がしこたまあれば、そこでタクシーに乗りましょう。リムジンバスなど公共交通機関はありません。メーターがないため事前に料金交渉が必要ですが、市中心部まで50Lpsをひとつの目安に。40Lpsで落ち着いたらラッキーでしょう。
そんなに荷物がなく、歩く元気があれば約200m歩いて街道に出ましょう。そこで流しのタクシーを拾えば一人20Lpsです。ただし乗合。
そこであなたがホテルの予約もしていない、ラ・セイバの地図も持っていない。そんな時、タクシーの運転手にどこへ行けって言えばいいか。一般的に都市は鉄道駅とかバスターミナルが中心になるのですが、残念ながら鉄道駅はありませんし、バスターミナルは町はずれです。とりあえず「パルケ・セントラル(中央公園)」を目指しましょう。
パルケ・セントラルへ着けば、ラ・セイバのシンボルとも言えるサン・イシドロ教会と市役所(写真)が見えます。それらを背に歩き出せば、ホテルもレストランも売るほどあります。
日本人らしくどうしても資料がないと動けないって人は、パルケ・セントラルの東側に銀行があります。その銀行の建物の中に「ラ・セイバ市観光協会」が入っています。ただ、看板は「Tourist Information」ではなく「Unidad Turistica Municipal」です。決して愛想のいいスタッフ達ではありませんが、知識と人脈はしっかりあり、お願いすれば簡単な予約業務もしてくれます。そうそう、英語での会話は期待しないように。勉強、勉強。
ある程度様子が分かったら、また教会と市役所を背にどんどん歩いて行って下さい。10分で海に出ます。その海は大西洋でもメキシコ湾でもなく、カリブ海。そこで左に見えるのが例の「桟橋」。右に目を移して、天気のいい日に目のいい人が島を見つけたら「カヨス・コチノス」。桟橋を海に向かって進み、振り返れば山が見えます。海を背にして右に先の尖った山が見えたらそれが「ピコ・ボニート」。逆に左に目を移し、遠くの砂浜に一本のセイバの大木が見えればその辺りが「ソナ・ビバ」。
首都テグシガルパは「考える」。産業都市サン・ペドロ・スーラは「働く」。そしてラ・セイバは「踊る」。ホンジュラスで行き先が決まらなければ、とりあえずラ・セイバへ!
HIDE(今回はさすがにマジメでした。データは全て2004年9月現在)

|

« イースト・ハーバー対ウエスト・エンド10番勝負 | Inicio | WHAT I CAN DO. LO QUE PUEDO HACER. ワタシニデキルコト。 »

Comentarios

Publicar un comentario



(Mostrado sin comentario).




TrackBack

URL del Trackback para esta entrada:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4059/1492587

Listados abajo están los enlaces de los weblogs que le referencian ラ・セイバ:

« イースト・ハーバー対ウエスト・エンド10番勝負 | Inicio | WHAT I CAN DO. LO QUE PUEDO HACER. ワタシニデキルコト。 »