« TOP OF THE WORLD | Inicio | 元気なロアタン島案内 »

2004.09.11

IMAGINE ALL THE PEOPLE LIVING LIFE IN PEACE

imagine.JPG
ウルトラマンは人間の生活と安全を守っていたに過ぎない。正義の味方じゃない。宇宙から飛来して、地球征服をたくらむ宇宙人を追っ払う行為はともかく、長い眠りから覚めて地中や海中から出てきた生物を、その図体がでかいからといって、人間の建造物を壊すからといって、口から人間に有害なものを吐くからといって、たちまち殺していいものか?地球上の生物は人間の都合で生きている訳ではない。
実際の世界も一緒。違う神様を信じているからといって、使っている言語が違うからといって、政治体制が違うからといって、攻撃することを正義だと主張されても、「はい、そうですか。」とは言えない。一握りの力ある者の判断で、多くの普通の人が死傷するのはいたたまれない。それが都会の摩天楼であれ、砂にまみれた田舎であれ。
物語の主人公ジャックは朝起きてみて、昨日捨てた豆が育って雲に届いているのに気付く。そこで彼は何を思ったのか、その豆の木に登る。雲の上に着いてみれば、巨人が宝物に囲まれていびきをかいている。そこで、ジャックはその宝物をいくつか拝借し、地上へ持ち帰ろうとする。ところが巨人が目を覚まし、追いかけてくる。ジャックは急いで地上へ下り、家から斧を取り出して、豆の木を切ってしまう。巨人は地上に落ち、絶命する。ジャックは宝物に囲まれ、母親と幸せに暮らす。めでたし、めでたし。って、これのどこがめでたし、めでたしなんだ?立派な窃盗と殺人じゃないか。相手が泥棒なら、泥棒から泥棒するって行為は許されるのか?人殺しを殺す権利が誰にある?
必殺仕事人で飾り職人の秀(HIDEとは別人)が「あいつら、許せねぇ。頼み人はいないけど、殺っちまおう。」と中村主水をけしかけた時がある。その時、主水はこう答える。「世の中に許せねぇ奴はいっぱいいる。でも悪い奴だ、許せねぇからって片っ端から殺してたら、俺達もただの人殺しだ。金をもらった時にだけ殺しをするから俺達は仕事人なんだ。金っていう足カセが俺達をただの人殺しにしてねえんだ。」秀と主水、どっちが正義に近い人でしょうか?あなた、きっぱり答えられますか?
正義?Justice?Justicia?そして悪?Evil?Maldad?結局そんなもの、勝手にそれぞれが思っているだけだろう?タリバン政権は崩壊したけど、ちっともテロはなくならないじゃないか。テロリストに武器弾薬を売っているのはどこの国の人間だ?武器弾薬を作っているのはどこの国の企業だ?テロリストはどうして金を持っている?ビン・ラディンはどこへ行った?オマルはどこへ行った?スター・ウォーズじゃあるまいし、他の星に逃げたはずはない。移動手段も徒歩や馬だろうが。人一人見つけられない最新鋭の軍事衛星の値段は何ドルする?その金で何人の命が救える?何人分の食糧が確保できる?イラクの大量破壊兵器はどこにある?どうせでっち上げの話なんだから、そんなもの探すふりをするくらいなら、博物館から盗まれたメソポタミアの遺跡発掘品を探してくれ。
誰一人泣かなくていい世界を造る努力こそ本当の「正義」。「自由と人権の国」の偉い人達、そうだよね?あなた達の周りには金も力も優れた頭脳も技術もあるんだから。
HIDE(WTC跡角、BURGER KINGの2階席にて。「カリブのぬるい風」NY編、おしまい。)

|

« TOP OF THE WORLD | Inicio | 元気なロアタン島案内 »

Comentarios

Publicar un comentario



(Mostrado sin comentario).




TrackBack

URL del Trackback para esta entrada:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4059/1412809

Listados abajo están los enlaces de los weblogs que le referencian IMAGINE ALL THE PEOPLE LIVING LIFE IN PEACE:

« TOP OF THE WORLD | Inicio | 元気なロアタン島案内 »