« コパン遺跡で何を見たか? | Inicio | JAPANESE MAN IN NEW YORK »

2004.08.23

ビッグ・アップル

bigapple.jpg
ホンジュラスを離れ、ビッグ・アップルの雑踏へ行ってきます。ビッグ・アップルは確か6度目。今回の行程は4泊5日。
一番の目的は世界貿易センタービル(WTC)跡地。もう3年前のことになりますが、何があったかは皆さんよくご存知のことでしょう。毎日5万人が働き、20万人が出入りしていたあの場所へ行くこと。WTCのないビッグ・アップルは初めてです。
私が地球の裏側にいる間に、日本は誤った方向に足を踏み出しました。「日本軍」の「海外派兵」です。よく「自衛隊」は「専守防衛」の組織であり、「軍隊」にあらず、なんて言葉を聞きます。そしてその「専守防衛」の性格は、世界でも数少ない素晴らしいものである、と考えて(教えられて)いる方も多いかと思います。
しかし冷静に考えて見て下さい。例えて見るならアメリカの銃社会。銃を持っている人はその理由として「我が身を守るため」と答えますよね。20世紀前半までならいざ知らず、現代においてほとんどの国の指導者、大統領、首相に「あなたの国にはどうして軍隊があるのか?」と質問すれば、まず間違いなく「自国と自国民を守るため。」と答えるはずです。「敵対国を攻撃するため。」とは今の共和党のアメリカ大統領ですら答えないでしょう。つまり、そういった意味では全ての国の「軍隊」は「自衛隊」なのです。
しかし戦後の「日本軍」は少なくとも武器弾薬を持参して海外に行くことはなかった。海外に補給路も作らなかったし、演習も日本の領域内に限っていた。これは日本ほどの巨額な予算をかけられている軍としては特異なことでしょう。その特異性が今、(こちらでインターネットからの情報を得る限りにおいては)大きな議論も経ずに削り取られ、他国の軍隊と同じ性格になろうとしつつあるようです。
そのスタート地点のひとつがWTC跡地のはず。飛行機を乗っ取ってビルにぶつけ、何の関係もない人を殺傷する。これは決して肯定されるべき行為ではありません。そして偶然その場所に居合わせて、傷ついたり亡くなったりした方々に対しては、同情の念という言葉では足りないくらいの感情は持ち合わせています。
しかしながら、実際その場所に立ってみて、まだ微かに記憶に残っているあの映像を思い出してみると一体何を感じるでしょうか?あのランドマークだったビルがすっかり姿を消してしまった後、今度はちょっと不思議な理論を持ち出して、アメリカがアフガニスタンやイラクの市民の頭上の爆弾を降らせた。それに対して、日本は断固支持した。「アフガンを攻撃しないでテロを撲滅できると思うのか?」とか「フセインが見つからないからといってフセインはいなかったと言えるのか?」とかいう詭弁まで使って。そんな不思議な指導者が7月、国民に‘NO!’と言われたにもかかわらず、まだ政権に居座っている。他の政策はともかく、彼は日本軍の海外派兵を止めないでしょう。仕方ない流れなんでしょうか?
何故WTCに花やロウソクを置きに来る人がいるのか?その人達は何を思い、その場所に来るのか?決して肉親の敵討ちとか祖国の世界制圧ではないと思うんですが・・・。
HIDE(ルーク・スカイウォーカーがデス・スターを壊したのはテロかい?)

|

« コパン遺跡で何を見たか? | Inicio | JAPANESE MAN IN NEW YORK »

Comentarios

Publicar un comentario



(Mostrado sin comentario).




TrackBack

URL del Trackback para esta entrada:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4059/1259395

Listados abajo están los enlaces de los weblogs que le referencian ビッグ・アップル:

« コパン遺跡で何を見たか? | Inicio | JAPANESE MAN IN NEW YORK »