« ウティラ3泊4日の歩き方 | Inicio | カヨス・コチノスにて »

2004.07.28

カヨス・コチノスとは

cayoscochinos1.JPG
ラ・セイバから車を東に走らせて20分でサンボ・クリークという村。そこからHIDEさんが大嫌いな木の葉のような小船に揺られて30分強。そこにカヨス・コチノスと呼ばれる島々があります。でも島と言う名に値するのは「コチノ・グランデ」と「コチノ・ペケーニョ」の2つだけ。表記上「大コチノ」「小コチノ」とします。そのまわりにいくつもの岩礁が点在しています。その岩礁をスペイン語で「カヨ」(英語で「キー」)と言う訳です。
すっかり海づいているHIDEさんと「カリブのぬるい風」。今週は相棒とその息子を始め、総勢8人でそのカヨス・コチノスへ2泊3日の滞在です。ベースにしたのは「大コチノ」「小コチノ」ではなく、歩けば5分もかからず1周できる「カヨ・クレブラ(蛇カヨ・・・どうしてだろう?)」。そこにあるホテルというか大きい家というか、とにかく「蛇カヨ」には建物がそれしかありません。面倒くさいのでホテルということにしておきましょう。
でもこのホテルが最高なんですよ。どんな風に?まず、電話がない。水道もない。電気は夜6時頃から2時間だけ自家発電機でつくだけ。当然テレビもエアコンもない。8人が集まると少し小さめのダイニング・ルーム(せまいと思えば、外で食べればいい。)と20人ぐらいが集まれそうなサロンに、個室が数室。その建物にも家具にも一切プラスチックとガラスが使われていない。基本的に木製。そして、個室にはカギというものがない。ようするに都会で「大人にとって絶対必要」と勘違いされているものが全くない。どうですか?私は生まれてこのかた、こんなぜいたくなリゾートに泊まったことがありません。
食事は持ち込んで自炊です。建物の外にあるかまどに火をおこして煮炊きをする訳ですが、たまに別棟にいるホテルのオーナーが「コーヒーを飲むかい?」とか「魚を料理したよ。」って言って持って来てくれます。
「そんな所で何をするの?」って悲しい質問をする人も当然いるでしょうね。まぁ、HIDEさんの目的のひとつにはダイビングがありますが(「大コチノ」へ行けば1軒ダイブ・ショップがあります。)あとの7人はしないため、あまりひとりでってのもよくないと思い、2ダイブのみ。あとは何の計画も立てずに過ごします。サンボ・クリークでチャーターした船は2泊3日の間島にいてくれるので、8人の意見が合えば「他のカヨへ行ってみよう。」なんて別の有人カヨ・無人カヨで泳いだり、スノーケリングをしたり。8人が離れれば、写真を撮る人、ビールを飲み続ける人、おしゃべりをする人、ハンモックで眠る人、本を読む人、ホテルの前で泳ぐ人、スノーケリングをする人、ホームページの原稿を書く人、それぞれが楽しみを見つけて過ごします。「何が楽しいか」じゃなく「何を楽しむか」、そう考えると「何をするの?」って質問はなくなると思うのですが。
日が昇れば目を覚まし朝食。次にお腹が空けば昼食。夕方6時、電気がつけば待ってましたと夕食。8時、電気が消えれば寝る人は寝る。まだ眠くない人はロウソクを燈してお話。そうそう、電気がないため「蛇カヨ」の夜空は星がいっぱいで息がつまりそうです。
体はヘトヘトに疲れても、心は絶対疲れない。そんな2泊3日になるな、こりゃ。
HIDE(写真が「蛇カヨ」全景、右の大きな建物がホテルです。)

|

« ウティラ3泊4日の歩き方 | Inicio | カヨス・コチノスにて »

Comentarios

Publicar un comentario



(Mostrado sin comentario).




TrackBack

URL del Trackback para esta entrada:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4059/1076800

Listados abajo están los enlaces de los weblogs que le referencian カヨス・コチノスとは:

« ウティラ3泊4日の歩き方 | Inicio | カヨス・コチノスにて »