« THE DAY AFTER TOMORROW | Inicio | ムスフレックス »

2004.06.28

トンコンティン

Toncontin.JPG
一般的にはホンジュラスでトンコンティンと言えば、テグシガルパ国際空港を指しますが、今回訪れたトンコンティンはラ・セイバから約25km山に入った小さな村です。
(独り言:しかし何だねぇ。日本から来てテグシガルパで似たような仕事をしている人のホームページといえばやれロアタン島だのコパン遺跡だの、国際的にメジャーな場所が多いのに、私ときたらシリンだのトンコンティンだの、ホンジュラス人でも知らない《どこだ、それは?って何人も聞かれた》人外魔境のような場所が続くねぇ。でもいいんだよ。ホンジュラスを離れた後、お金と時間さえあればロアタンやコパンは行けるけけど、シリンやトンコンティンは恐らく行かれないもんね。精一杯の負け惜しみ。)
目的は豆を作るしか生活の糧のないこの村に、何か現金収入の入る産業を育てよう。そこでHIDEさんとしては、何かお土産品になりそうなものがないだろうか、あれば何とか商業化できないだろうか。それを探しに行きました。同行したのは国連関係の人を通じて知り合ったホンジュラス人と8歳の息子。彼の運転するピックアップで、一路山へ。
着いたトンコンティンはシリンよりもっと田舎。イヌがいてニワトリがいてブタがいて、までは同じですが、平地がほとんどないためウマではなくてロバが目に付きます。テントを張れるスペースは子供達を追っ払った後のサッカー場のみ。そこで会議をし、ランを育てている施設と材木工場を見せてもらいました。
トンコンティンに関するレポートはこれであっさりお終い。
問題は道中。距離25km。ざっと考えると自動車で30分強。それは頭の中だけの話です。実際は未舗装道路を1時間。シリンを似たような感じ?とんでもない。シリンの場合、それでも道の両側は延々畑が続く平地です。道自体も結構直線的。ところがトンコンティンの場合は片側が山、反対側は川もしくは谷。アップダウンもきつく直線も全然ない。ところどころで車のまま川を横断する、という難行苦行の連続です。
そして全知全能の神はHIDEさんに更なる試練を与えました。このホンジュラス人も息子も信じられないくらい話好き。道中トータル2時間質問責め。ほとんど静かな時間は過ごせませんでした。加えて、こっちを向いて質問するわ、ハンドルから両手を離すわ。それでなくてもスペイン語、集中して聞かないと理解できないのに、運転が気になって仕様がない。話題もポンポン飛ぶ。シリンへ行った時とは違う種類の疲れが体にのしかかりました。来期、中田英寿がどこのチームへ行こうが、今はしっかり運転せい。
そして復路はもっと集中できませんでした。そう、燃料計が果てしなくEを越えて下がっているのに気付いてしまったのです。道中給油所は一軒もなかったよなぁ。彼は知り合いもやたらにいて、出会うたびに車を止め話しかけます。ねぇ、アイドリング止めたら。決してきれいで新しい車ではないのですが、ちゃんとエアコンが付いていて回しっぱなしです。窓からの風でもいいよ。そうだよ、私は仏教徒。いいじゃないか、日本人が竹を食べたって。原爆?1945年。中国へは車では行かれないの。いいから前向いて運転せい。
HIDE(8月3日は誕生日。プレゼント・お祝い金の受付開始!)

|

« THE DAY AFTER TOMORROW | Inicio | ムスフレックス »

Comentarios

Publicar un comentario



(Mostrado sin comentario).




TrackBack

URL del Trackback para esta entrada:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4059/862493

Listados abajo están los enlaces de los weblogs que le referencian トンコンティン:

« THE DAY AFTER TOMORROW | Inicio | ムスフレックス »