« 大河ホームページ「エル・グラン・カルナバル」(巻之二) | Inicio | 大河ホームページ「ア・スター・イズ・ボーン(だったっけ?)」(巻之四) »

2004.05.06

大河ホームページ「エル・グラン・カルナバル」(巻之三)

この日は女王候補たちを連れてウティラ島へ写真撮影に行くことになりました。この島に関してはあらためて紹介したいと思いますが、ダイビングに興味がある方にとっては格安でライセンスが取得できると世界中に名を馳せている島です。言い換えれば、カリブ海がひと際美しい地域にあります。
となると、おじさんの期待は「ひょっとして彼女たちの水着の撮影?」ぐふふふふふ。
ところが、残念ながらそんな物はなく、普通の服での撮影のみでした。しゅるしゅる。
ただ、こう毎回毎回お嬢さん方のことばかり書いても飽きられますので、全く脈略のないところへ話を飛ばします。
オフィスに帰ると市の偉いさんが来てやたら電話をしています。この人は英語を喋れるため、何だろうと近づくと、「君はマイケル・ジャクソンを知ってるかね?」って藪から棒に聞いてきました。「ええ、もちろん。」って答えると「彼は今、裁判で大変なんだ。」と続けます。このカルナバル直前の忙しくて殺気立ってる時期にこの人は何を喋りに来たんだろう?いぶかしげな表情を作ると「その裁判費用を工面するため、彼はラ・セイバに来てカルナバルに出る。」と言います。しかしながらさっぱり話が見えません。「いいですねぇ。」なんて適当に相槌を打って自分の作業を始めると、また電話と取っ組み合いを始めました。
しばらくすると、見たことのない男がやってきました。誰だろうって見てると偉いさんが「来た。彼がマイケル・ジャクソンのそっくりさんだ。」って紹介してくれました・・・。奥歯をグッと噛み締めて「よろしく。」って握手・・・。ぶはははははは。似てな~い。どの角度から見ても似てな~い。マイケル・ジャクソンってあの整形が趣味の、20年くらい前「スリラー」で一世を風靡した歌い手さんですよね。バスケットボールの神様じゃないですよね。(どっちにしたって似てな~い。)体中の力が入らん。
「これが彼のこの前のショウのポスターだ。」って偉いさん。写真をカラーコピーで拡大した物ですね。黒いハット、黒いタイトなパンツ。肝心の顔の部分は引き伸ばし過ぎてよく見えないじゃないですか。「実はな、彼のギャラを予算に入れ忘れた。今からスポンサーを探さにゃならんのだ。」英語のわからないマイケルはニコニコしています。マイケルも笑わせてくれるが、この偉いさんも相当トンチンカンなことを言ってるなぁ。まぁ、電話代を払い忘れて電話を止められちゃう市役所だから、驚かないけど。
スタッフの一人が笑いを殺して「HIDE、あれならHIDEがジャッキー・チェンのそっくりさんをやったら?」なんて言い出す始末。「いや、彼は中国人。ちゃんとギャラをくれるのならケン・ワタナベのそっくりさんになるよ。」
その間もマイケルは踊って見せたり、ムーンウォークをして見せたり。でも、そもそも顔の造型が全く似てな~い。一歩譲ってサッカーのロナウジーニョって言うならまだしも。
偉いさん、早よスポンサー見つけて彼を連れて帰ってくれ~っ、腹の皮がよじれる~っ、肩の震えがとまら~ん・・・つづく。
わたなべ けん
Michael.JPG

|

« 大河ホームページ「エル・グラン・カルナバル」(巻之二) | Inicio | 大河ホームページ「ア・スター・イズ・ボーン(だったっけ?)」(巻之四) »

Comentarios

Publicar un comentario



(Mostrado sin comentario).




TrackBack

URL del Trackback para esta entrada:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4059/552435

Listados abajo están los enlaces de los weblogs que le referencian 大河ホームページ「エル・グラン・カルナバル」(巻之三):

« 大河ホームページ「エル・グラン・カルナバル」(巻之二) | Inicio | 大河ホームページ「ア・スター・イズ・ボーン(だったっけ?)」(巻之四) »