« 大河ホームページ「ア・スター・イズ・ボーン(だったっけ?)」(巻之四) | Inicio | 大河ホームページ「エル・グラン・カルナバル」(巻之六) »

2004.05.18

大河ホームページ「エル・グラン・カルナバル」(巻之五)

Kは倉木麻衣ちゃんみたいな雰囲気のお嬢さんでした。そして特に粗相をすることもなくプレゼンテーターの大役を果たしたのでした(おお、珍しく前回から続いている)。終ってみれば女王(レイナ)が私の○、王女(プリンセサ)が私の◎、という連勝複式なら見事的中という結果でした。でもここまで一緒に仕事をすると、順位をつけることにかなりの抵抗を覚えたことも記しておきます。お嬢さん方に関してはこれでお終い。キリがない。
さぁ、いよいよ「聖イシドロの祭りとカルナバル」の開幕です。8日の初日は市役所向かいの教会の正午の鐘を合図に、まずテープカット。それから自動車でパレードです。先導車に始まって4台のピックアップの荷台に女王候補だったお嬢さん方を乗せて、クラクションを鳴らしながら街中を走り回ります。市長や他のVIPに混ざってHIDEさんもその内の1台に二人のお嬢さんと乗せてもらいました。いやぁ~、いいもんですね。民衆(偉そう)に高いところから手を振るってのは。ええ、知っていますよ。民衆はお嬢さんに手を振っていたのであって、この日本人なんてステーキのクレソンほどの存在感もなかったって。でも、気持ちよかったからいいの!(写真は荷台の上から、人波が切れた隙に)
No5.JPG
その後期間中数多くのハプニングはありました。女王の戴冠式に女王が遅刻したり、警察が配置につかずマラソンが中止になったり、他、色々。でも考えて見て下さい。15日間ですよ。全くパーフェクトに行くと思う方が間違ってる。北の湖が千代の富士が貴乃花が毎回危なげなく全勝優勝をしましたか?朝青龍だってそうでしょう。例えが変?
そうそう、プログラム上は22日までで15日間ですが、厳密に言えば最後のプログラムは22日の夜8時から23日の夜明けまでですから、カレンダー上は16日間です。
そしてその場その場に現れる個性豊かなオフィス外のスタッフ達。「問題だらけだ。問題だらけだ。」ってやって来て「問題だらけだ。問題だらけだ。」って帰っていく市幹部(この人を見ると「不思議の国のアリス」のウサギを思い出します)、いくら急いでいても一通り握手やキスをしないと話を始めない金融機関の人、逆にあいさつは全く抜きで話を始める学校の先生、私のことをなぜか「こんぱ」って呼ぶ3歳の息子をいつも連れているMC、何かあると「HIDE、ちょっとおいで。」って呼びつけ、他のスタッフへの不平不満をまくしたてるスポーツイベント担当者(早口のスペイン語のためほとんど理解できない。ただ、その表情と口ぶりからきっと不平不満)etc。
確かにラ・セイバ市長や商工会議所のトップなどがところどころで顔を出します。ただ、その場合でもあくまでイベントを見に来た来賓として。マイクを持つわけじゃなく、見たら帰る。どうも「カルナバル実行委員長」なんて存在が見えない。ひょっとして相棒がその存在なのかなぁ。だから作る側、見せる側、見る側の三者の距離がすごく近いですね。
おっ、最終日のパレードに参戦する日本人グループが、いよいよラ・セイバに乗り込んで来たぞ。このグループに対しては、オフィスもそれこそ100%HIDEさん任せ。さぁ、仕事、仕事!カルナバルも佳境だぁぁぁ。えっ?天気予報は雨?・・・つづく。
HIDE

|

« 大河ホームページ「ア・スター・イズ・ボーン(だったっけ?)」(巻之四) | Inicio | 大河ホームページ「エル・グラン・カルナバル」(巻之六) »

Comentarios

Publicar un comentario



(Mostrado sin comentario).




TrackBack

URL del Trackback para esta entrada:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4059/616941

Listados abajo están los enlaces de los weblogs que le referencian 大河ホームページ「エル・グラン・カルナバル」(巻之五):

« 大河ホームページ「ア・スター・イズ・ボーン(だったっけ?)」(巻之四) | Inicio | 大河ホームページ「エル・グラン・カルナバル」(巻之六) »