« 大河ホームページ「エル・グラン・カルナバル」(巻之七) | Inicio | スキンヘッド »

2004.05.28

大河ホームページ「エル・グラン・カルナバル」(総集編)

carnaval3.jpg
今、過去に聞いた二つの言葉を思い出しています。
ひとつは、初めてインドに行く前にある人が言った言葉。「インドってどっちにカメラを向けても写真になる。だからどの風景の写真を撮るかじゃなく、どの風景の写真を撮らないかを考えないと、フィルムが何本あっても足りない。」
私はもちろん物書きを職業としているわけではありませんので、このホームページの原稿(勝手に一週間に1本、原稿用紙3枚って決めていますけど)を書くのも結構苦労しています。でも、このカルナバルの時期はいくらでも書けた。いくらでもネタが転がっていた。こういったイベントに携わったことが全くなかったため、日々刻々の事象にショックを受けたり、イライラしたり、大笑いをしたりしていたわけですから当然でしょう。
だから考えなきゃいけなかったのは、どのネタを書かないか。全部原稿にすると、メインのパレードの記事が7月ぐらいになってしまい、全く旬をはずした記事になってしまいますから。それでも予定より1本多くなりました。
もうひとつは、大学で映画研究部に属していた時よく聞いた言葉。「映画は作る側が見る側の何倍も楽しい。特に、監督の楽しさに比べたら、観客の楽しさなんて何分の一だ。」
さっきも書きましたが、こういうイベントに携わるのは初めて。それも考えようによっては、入場券を売るとか、遅刻した女王のマントと王冠の見張りをするなんて思いっきり下っ端の仕事から、舞台上でお嬢さんにタスキをかけるとか、車上から沿道の人に手を振るなんてVIPの仕事まで、いろんな目の高さで動いたり、見たり聞いたり。
何より、各イベントが始まる前の緊張感(どのイベントも予定よりこれを感じる時間が長いのは何故?あっ、スタートが遅れるからか)と終った時の充実感は何物にも替えがたいですね。特に見物客がぞろぞろ帰り、人のいなくなった会場にスタッフだけが疲れきって残っている時間に流れている空気。早朝、山奥の村で吸う澄み切った空気のように「お・い・し・い!」って代物ではないのですが、むしろどよ~んと濁っているのに、何か夢中で呼吸したくなるような、我々だけがこの空気を独占してるんだぞって自慢したくなるような、そんな空気を地球の裏側でイベント毎に何度も感じることができただけでもHIDEは幸せ物でしょうね。(とびっきりかわいいお嬢さん方ともいっぱいキスできたし)
一緒に働いたスタッフのみんなも、メイン・ステージやパレードに出演した皆さんも本当に「お疲れ様でした!」(これに相当するスペイン語がないのが悔しいくらい。英語が「グッド・ジョブ!」だから、「エクセレンテ・トラバホ!」でいいのかな?)写真にはほとんど、テレビには全く写っていませんが、それ以上にカルナバルのスタッフ証(巻之六参照)と、スタッフとして働いた記憶はHIDEさんの一生の宝物になることでしょう。
まだまだ、日本での知名度こそ低いラ・セイバのカルナバルですが、機会を見つけて一度来て下さい。見る側にとっても絶対楽しめますから!
遠い?あなた、リオ・デ・ジャネイロよりは圧倒的に近いですよ!大河、おしまいっ!
HIDE

|

« 大河ホームページ「エル・グラン・カルナバル」(巻之七) | Inicio | スキンヘッド »

Comentarios

Publicar un comentario



(Mostrado sin comentario).




TrackBack

URL del Trackback para esta entrada:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4059/671699

Listados abajo están los enlaces de los weblogs que le referencian 大河ホームページ「エル・グラン・カルナバル」(総集編):

« 大河ホームページ「エル・グラン・カルナバル」(巻之七) | Inicio | スキンヘッド »