« セマナ・サンタ(本番前) | Inicio | セマナ・サンタ(ようやく本番) »

2004.04.19

モノノアハレ(落ち込んでいるあなたへ 2)

01.bmp
SARSってどうなった?日本はもう新緑の季節だろうけど、この冬はどうだった?
私ゃ、大学は文系で、これまでついた仕事も営業関係が多かったんで、極めて無責任な発言をするけど、SARSって中華系の人しかかからない風土病でしょう?中国には四千年の奥深い歴史がある。その歴史の中で中華系の人々は色んな物を食べ続けた。それこそ「四足の物は机以外」「空を飛ぶ物は飛行機以外」「鳥がいれば鳴き声以外」食べ続けたんでしょう?
そうすればおのずと中華系の人のDNAには他民族と違う何かが含まれていくはず。それと何かが反応したのがSARSでしょう?ちょうど一年前、SARSのニュースが毎日のように新聞をにぎわし、国際線の飛行機は軒並みフライト・キャンセルになり、ゴールデン・ウィークなのに近距離の海外旅行はさっぱりってな状況だったけど、実際病人がいたのは中華系だけ。広州、香港、北京、シンガポール、トロント等々。
北京とトロントって遠いよ。東京とラ・セイバより近いけど。そんなに遠くの町の中華系の人が発病して、北京と目と鼻の先のソウルには発病者は確かいなかったもんね。
民族のDNAって確かにあるでしょう。
日本人にも他の地域から隔離された島国で何千年も生活して、他民族にはないDNAがあるはず。それを強く感じるのが桜。日本人ってなんであんなに桜が咲いただけで大喜びするんだろう?「寒い冬が終わり、春が来たことを告げる」から?暖かいイメージのあるスペインやギリシャも冬は結構寒い。でも春が来て桜そっくりのアーモンドの花が咲いたからって、彼らがいきなり大酒を飲み始めたってのは聞いたことがない。
あれはきっと桜が開花する時、その花の匂いや花粉と一緒に日本人のDNAに反応する何かを出してるんだ。それを体内に取り込むと、気分が高揚して騒ぎたくなる。加えて「よっし、やるぞ」って気になる。だから日本は学校も会計年度も桜の季節から。
くどいけど、「桜がきれいだね。」ってな反応は日本人なら極々当たり前。でも昔はこれに「月がきれいだね。」って反応も日本人はどんどんしてたはず。だって「花見」に対抗して「月見」って単語があるし、花札にも「桜満開」の札があれば「満月」の札もある。(「雪見」って単語もあるが、花札に「雪」の札はない。)
でも、日本の夜はどんどん明るくなってるし、空は切り取られ汚されてるし、何よりその空を見上げる余裕すらない人が増えてるし。近所に名所があっても、いつでも行けると思うとタイミングを逸するのと一緒で、桜の花と違って月って見ようと思うといつでも見られる。それもよくない。日本人のDNAは月に反応しなくなりつつある?
そんなこと言っても仕方ない。仕方ないからこそ「月がきれい」って反応する人は真の日本人DNA所持者。モノノアハレっていうのかな。
モノノアハレを感じることのできる人はやっぱり素敵。そんな人とはずっと付き合いたいな。原色の世界ラ・セイバでつくづく思うよ。さぁ、上を向いて!最近、月見た?
HIDE

|

« セマナ・サンタ(本番前) | Inicio | セマナ・サンタ(ようやく本番) »

Comentarios

Publicar un comentario



(Mostrado sin comentario).




TrackBack

URL del Trackback para esta entrada:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4059/466324

Listados abajo están los enlaces de los weblogs que le referencian モノノアハレ(落ち込んでいるあなたへ 2):

« セマナ・サンタ(本番前) | Inicio | セマナ・サンタ(ようやく本番) »