« セマナ・サンタ(ようやく本番) | Inicio | 大河ホームページ「エル・グラン・カルナバル」(巻之二) »

2004.04.29

大河ホームページ「エル・グラン・カルナバル」(巻之一)

todos.JPG
セマナ・サンタが終ったと思ったら今度はエル・グラン・カルナバル。いいなぁ、この時期はそんなにネタ探しの必要がなくて。
毎年5月ラ・セイバで行われるエル・グラン・カルナバルは、中米で最大級のカーニバルです。かつては「級」の字はなかったのですが、どうやらパナマ(だったかな?)に抜かれてしまい、今では「級」の字が必要になりました。
今年は22日の土曜日がメインのパレードの日ですが、実際は「聖イシドロの祭りとカルナバル」と称して2週間前の8日から始まり、連日何らかのイベントがどこかで行われています。もちろん、その名前から前の部分「聖イシドロの祭り」は宗教的な行事ですが、セマナ・サンタと違い、宗教のみっていうわけではありません。
娯楽的行事の第一弾として8日に行われるのが「女王の戴冠式」。まぁ、平たく言えばミス・カルナバル(正式にはレイナ・フェリア・イシドロ:聖イシドロの祭りの女王)です。
そして先日、その候補者の紹介が、招待客を集めて私の勤めているオフィスでありました。全部で7人の候補者がいます。全員が全員とは言いにくいのですが、概してかわいい。きれいよりかわいいがピッタリです。そしてこれは全員が全員、足が長い!みんな私のおへそのあたりにお尻がある。それも、さぁ、なんて表現しようかな。背中の下にお尻がついているんじゃなくて、足の上にお尻が乗ってる。別にお尻ばかり見てたわけじゃないよ。でも、心の中では当然勝手に◎○▲×などをつけて楽しませていただきました。(何と私の◎は15歳!)
ただ、問題があったのはその前日。リハーサル兼プロモーション・ビデオの撮影があったのです。本番の日取りは聞いていましたが、リハーサルまでは聞いていなかった。オフィスで作業をしていると、結構垢抜けした雰囲気のお嬢さんが続々入ってくる。誰だったっけ?と思っていると、テレビカメラとビデオカメラも入ってくる。スタッフに何が始まるの?って聞く間もなくリハーサルは始まり、歩き方や立ち振る舞いのチェック。そこまで見てやっと事が飲みこめました。
要領の分かっているスタッフ達はうまく死角に隠れて、その風景を見ていましたが、私はどうなった?いわばリハーサルの舞台に取り残された状態です。お嬢さん方が私の間近を歩いてくれるのは、それはそれは大歓迎。しかしながら、それに付いてカメラが来る。これにはいっちゃまずい。カメラがこっちを向くたびに、うひゃ~って身を隠さなきゃいけない。他のスタッフの所に逃げる時間も与えてくれない。そう、まるでカメラは殺虫剤。そして私はゴキブリの気持ちがしっかり分かりました。
しかし、何もこのオフィスでやらなくても、他に場所はないんかいな?バックもスタッフが天井から吊った赤い布と紙で作った花だし。まぁ、その分視線が集中していいか。
でもみんな、レフレスコをたくさん飲まないでね。タクシーばかり乗らず、たまには歩いてね。お願いだから太らないでね。と願いつつ・・・つづく。
HIDE

|

« セマナ・サンタ(ようやく本番) | Inicio | 大河ホームページ「エル・グラン・カルナバル」(巻之二) »

Comentarios

Publicar un comentario



(Mostrado sin comentario).




TrackBack

URL del Trackback para esta entrada:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4059/513914

Listados abajo están los enlaces de los weblogs que le referencian 大河ホームページ「エル・グラン・カルナバル」(巻之一):

« セマナ・サンタ(ようやく本番) | Inicio | 大河ホームページ「エル・グラン・カルナバル」(巻之二) »