« ZONA VIVA(ソナ ビバ) | Inicio | お詫び »

2004.02.24

会議

1.JPG
結構ホンジュラスが真剣に開発を考えている観光に関する会議に出てきました。
同じ議題で「ラ・セイバ市」を考える会議が11月にあり、今回はラ・セイバ以外にもう5つ、都合6都市が一体となって歩調をそろえて開発しようという主旨の会議です。舞台は以前紹介した「バルセロ・ホテル」
はっきり言って11月の会議では主旨も分からなければスペイン語もほとんど分からない、約10時間をただ座って過ごしました。が、今回は猛勉強して会議に臨みました。
会議はこちらではスタンダードな進行。まず、開始が30分遅れます。まぁそれはいいや。最初にPOWER POINTを使いあれこれ説明があり、発言があります。次に分科会に移るわけですが、ここで休憩。コーヒーブレイクです。司会者が「15分間、休憩です。」
参加者が約40人、15分の休憩と言えば普通背伸びして、トイレへ行けば終わります。ところが、別会場でおやつが出るんですね。カウンターへ40人が列を組み、受け取ってテーブルを探す。その時点で15分はとうに経っています。そこからおしゃべりをしながら食べるもんですから、15分の休憩は40-50分かかってしまいます。
それでも、なんとかかんとか進行し、午前中の会議は予定の12時半を大きくずれ込み、1時15分に終ります。司会者が言います。「会議中、携帯電話は使わないで下さい。時間は守って下さい。午後の会議は2時15分から始めます。」
みんなやれやれと言った感じでレストランへ。内容はバイキングですから時間はそんなにかからないでしょう。ところが、何をしていたものか、司会者がバイキングに並んだのが1時50分。こりゃ、午後も定刻には始まるはずがありませんわ。
早く食事を終えた人は何をするか。会議室に戻って会議ごっこです。議長役が決まり、勝手に議題を決めて討論。今日の議題は「今からウティラ島、ロアタン島、グァナハ島の全部へ行きたい観光客がいる。我々は何をしてあげられるか?」です。「おい、HIDEどうする?」と聞かれ「そうだね。日本政府に言って橋を架けよう。」と答えました。「お~い、このハポネスが橋を架けるらしいぞ。」ってニセ議長が叫び、ますます人が集まります。「でも、私は政府じゃないからお金は持っていない。」と言うと「ほ~、じゃ、あなたは穴を掘るのか?」「いや、私は見ての通り、黙って座っているだけだ。」など戯言のオンパレード。
午後の会議も午前同様、真剣かつのんびりと進みます。午後もしっかりコーヒーブレイクがあります。会議の途中で相棒が「分かる?」と聞いてきたので「11月は全然分からなかったから眠たかった。今日はほとんど分かるから眠たい。」と答え、二人で声を殺して笑いました。
最後に参加者に名前入りの‘Diploma’いわば参加証明書が一人一人に渡されます。11月の時は思いも寄らなかったので、妙に緊張して受け取りましたが、今回は余裕シャクシャク、しっかりプレゼンテーターのお姉さんにキスをして受け取りました。
でも40人のキスを受けるほっぺも大変だね。
HIDE

|

« ZONA VIVA(ソナ ビバ) | Inicio | お詫び »

Comentarios

Publicar un comentario



(Mostrado sin comentario).




TrackBack

URL del Trackback para esta entrada:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4059/231838

Listados abajo están los enlaces de los weblogs que le referencian 会議:

« ZONA VIVA(ソナ ビバ) | Inicio | お詫び »