Inicio | スーパーマーケット »

2004.01.10

桟橋(落ち込んでいるあなたへ)

DSC00383.JPG
このセピア色の写真がテラの項目でも触れたけど、ラ・セイバの桟橋、廃線の跡。
ラ・セイバに一人で住んでると相棒とケンカをしたり、ホームシックみたいなものになったり、でも日本語の通じる相談相手はいなかったりで、言葉が行き場を失うことがある。そんな時にはこの桟橋の先端まで自転車で来て腰を下ろす。今一番お気に入りの場所。
恐らく、日本だったらとっくに取り壊されてるだろう。だって、危ないもの。手すりがあるわけじゃない。穴が開いているところがある。シーソーみたいになる枕木すらある。海に落ちたら、つまづいてケガをしたら、誰が責任を取るんだってね。
ホンジュラスは確かに貧しい。物を壊すというのは、造ると同じくらいお金がかかる。どうせないお金の中から何かをするとしたら、誰だって壊すより造るを選ぶ。だからすぐに壊したくても壊せないのかも知れない。
でも、本当にすぐに壊さなきゃいけないんだろうか?ここに桟橋があるがゆえに、必ず誰かが海に落ちるんだろうか?必ず誰かがケガをするんだろうか?逆に、桟橋があれば、必ず釣りをする人は来る。海を見るのが好きな人も来る。くどいちゃえっていう動機の男の子も女の子を連れて来る。日本が恋しくなった日本人も来る。
じゃ、別にいいじゃない。壊さなくったって。いずれその時期は来るよ。
そう考えると本当にすぐにしなきゃいけないことって、そんなにあるのかな?こんなこと書くと「ほら、ほら、すっかりラテン・アメリカずれしちゃって。明日でもいい仕事は今日するなって、言いたいんでしょう。日本人は働きすぎだって言いたいんでしょう。」という声が聞こえそう。
でも、そうじゃない。仕事の話だけじゃない。例えばあなたを今、落ち込ませている悩みは今すぐに解決しなきゃいけないの?「仕事がうまくいかない。」「仲のいい人とケンカをした。」「お金のやりくりが思うようにならない。」etc.すぐに解決するための答えを見つけなきゃって焦るから重荷なってるだけじゃないの?
人生って確かに短いんだろうね。70年生きたって25,500日強。でも、全てを解決してくれると言われる「時」に逆らわなきゃいけないほど短くない。違う?
「今すぐにしなきゃいけないこと」なんてそんなにはない。
そんなに走ってばかりいないで、たまには歩いてごらんよ。たまには止まってごらんよ。たまには寄り道してごらんよ。ちょっと手を休めてラ・セイバへおいでよ。ラ・セイバへ来たらピコ・ボニートもいいし、川下りもいいけど、とりあえず桟橋へ来て腰を下ろしてごらんよ。海も潮風も桟橋も線路もあなたに何もしてくれないけど、きっと今、あなたが忘れてる何かを思い出させてくれるよ。ホンジュラスが、ラ・セイバがくれる貧しいがゆえの最高のプレゼントを受け取れるかも知れないよ。
また一緒に笑おうよ。
HIDE

|

Inicio | スーパーマーケット »

Comentarios

Publicar un comentario



(Mostrado sin comentario).




TrackBack

URL del Trackback para esta entrada:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4059/90779

Listados abajo están los enlaces de los weblogs que le referencian 桟橋(落ち込んでいるあなたへ):

Inicio | スーパーマーケット »